Slider
仕事日誌

何年ぶりだろうか….仕事以外でイラスト作品をちゃんと仕上げたのは….楽しいじゃないか。。

『来年は学生と一緒に作品を展示してみませんか?』という職場の後輩からの提案から1年……ついに我々が作品を作るときが来た… 270mm×270mm正方形の中であれば何を表現してもいいというテーマで、自分はいったい何を表現しようかと散々...
子育て手記

ソロキャンプ用品と出会い、自宅で至福のひとときを手に入れてしまった話

我が家のキャンプデビューは5年前、家族みんなでテントを張り、ご飯を作り、キャンプファイヤーをするというのが当たり前だと思っていたのだが、先日ホームセンターでその常識を覆すアイテムを発見した。 ソロキャンプ用グリル ソロ...
子育て手記

ついにセメントに手を出した親子。フィンガーボードのハーフパイプを作ってみた。

以前フィンガーボード(指スケ)にハマった息子が、セクションを木工工作した話を覚えていらっしゃるだろうか? あれから熱は冷めたのかと思いきや、日々聞こえてくる「スタンッ!!スタンッ!!スタンッ!!スタンッ!!」いう音……取...
家日誌

ものづくりの街三条市の町工場で焙煎され、味を『着る服のイメージ』で例えた遊び心があるコーヒー店DO*DOのご紹介

コーヒーを淹れるという贅沢な時間 私は毎朝かかさずコーヒーを飲むが、子供が小さかった時はいつもインスタントコーヒーで済ませる毎日を送っていて、コーヒーの風味・味を楽しんだりする余裕はなかった記憶がある。 最近は段々と子供も手が...
子育て手記

イメージしていたとおりの写真が撮れる!! 数千円で手に入るCCTVレンズをミラーレスにつけて撮影してみた。(通勤の荷物が減らないシリーズ)

トイデジを持ち歩きながら『いつかの記憶を撮影する』ということにハマっている私。 トイデジ クラシックカメラ トイデジで撮影 なんかこう『毎回思い通りにいかない感』もいい、フィルムの時の感じが蘇る。 ただ、今回は...
家日誌

コロナの自粛に備え、どれだけお金をかけずにホームシアターを作れるかやってみた

少し寂しさから始まった新年 さてさて、あっという間に年も明け2021年、ついに国民的アイドル嵐が活動休止になりSMAPの時ともまた違った寂しさが残る年明けとなった。 今年もモノストックブログを宜しくお願い致します。 この...
家日誌

2020は本当に思っていた年とは程遠かったけど、見えていなかった大切なものも見えてきた1年だった。

今年は今まで生きてきた中で多分一番過ぎ去るのが早かった1年といっても過言ではない、おそらくこれを読んでくださっている方々も同じ感じではないだろうか.... あっという間に大晦日の今朝、子どもたちが起きる前に少し贅沢な濃いめのコーヒー...
家日誌

パリで生まれたエルバンのインクと、何年も僕を待ち続けたペンケース、そしてその裏に隠された話。(通勤の荷物が減らないシリーズ)

出勤の荷物 通勤の荷物が減らないシリーズ、今回はインク・筆ペン・ペンケースの出会いの話。 祖父の万年筆 以前ご紹介した祖父の万年筆はペリカンというドイツ製の万年筆、生前の祖父が研究していた大好きなドイツである。 エ...
家日誌

トイカメラで『いつかの記憶』を撮ることに完全にハマった話(通勤の荷物が減らないシリーズ)

懐かしのトイデジを常に持ち歩く 出勤の荷物が減らない件で本当にいるものなのかどうかを、一つずつ記事にしながら判断するシリーズが始まったわけだが、まず第一弾としてトイデジの話をしていこうと思う。 トイデジとは一昔前に流行った、オ...
家日誌

出勤の荷物が減らない原因を冷静に紐解いていこうと思う。

出勤するときの荷物が減らない、というか段々増えてきている。 基本的に出勤はお気に入りのバックパックで出勤しているのだが、まるでワンダーフォーゲルにでも行くのかというくらい大きめのバックパックなのである。 その原因を調...
家日誌

リビングの音響を支え続けたアンプが、急遽故障してしまった為、超安価なアンプにしたらスタジオに大変身した話

我が家を建てる時にどうしてもやりたかったことの一つである、リビングに吊るしスピーカーをつけること。 間取りを考えている時、大工に伝えて天井に穴と配管を通してもらった。 そして家が完成してから自分で配線をして、買ってきたスピー...
子育て手記

レトロだけど最先端な80’sデザインのキーボードを手に入れ、息子とギークな生活を送る。

早いことに2020も残り1ヶ月で終わろうとしている、なんということだろう...今年はコロナウィルスによって慌ただしい日々を送っている間に1年が終わってしまうではないか。 さてタイトルにもあったとおり、ココ最近のマイブームは『あえて時...
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました