高解像度素材のあり方が変わる!? 商用利用OKな素材サイト

カテゴリー:Photoshop関連|更新日時:2014年6月21日|RSS購読: RSS 2.0

デザインの仕事をしていると、急遽必要になってくる写真素材、しかもグラフィック系であれば高解像度、そして1番のネックになるのがライセンスが商用利用可能か。

大抵のデザイン事務所はサーバーを自社で設置して大量のロイヤリティフリー素材を購入しデータベースにしていますよね。

しかし今回ストックする高解像度・商用利用可能・改変・再配布OKな素材を提供している素材サイトが、これからの写真素材の扱い方を変えそうですごい。

商用利用OK高解像度素材のサイト

http://www.splashbase.co

スプラッシュベースという海外のサイトです、上のキーワードを入力し出てきた検索結果の素材に【View|Download】があり、【View】でダウンロードすると幅1280pxの72dpi画像ですが、【Download】をクリックしてからダウンロードすると幅約4800pxの72dpiでダウンロード可能です。 なので300dpiとして使うとだいたい幅410mmくらいで使える(画像再サンプルなし)ことになるので、これはグラフィックの現場でもしっかり使えそうですね。

ざっと見た感じ、素材のクオリティ的にもプロ並みの素材が多い印象です。

ブックマーク必須ですね!!

[amazonjs asin="4839943850" locale="JP" tmpl="Small" title="人物フォト素材 ビジネスシーン"]

※この記事は2014年6月21日に投稿されたストックになります、リンク先が期限切れになっている場合もあります、予めご了承ください。

questionnaire
  • あなたの職場は何時まで働くことが多いですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • add link
    category

    Copyright (C) 2008-2018 mono-stock.com. All Rights Reserved.