鉛筆の先のミクロ芸術が凄い...

カテゴリー:デザイナー的生活記事|更新日時:2012年9月14日|RSS購読: RSS 2.0

お米の中に文字やイラストを描く芸術、針穴の中に組み立てられた芸術、消しゴムハンコの芸術、ミクロの世界には私たちが想像もできないような芸術を作り上げる人たちがたくさんいます。

今回は鉛筆の芯を削って作られた、ミクロな世界、、これは凄いです。鉛筆の芯の芸術

≫http://diegomattei.com.ar/2012/09/13/dalton-ghetti-arte-en-miniatura/

凄すぎて目を疑います、後から付けた訳じゃないんですね、芯を地道に削って仕上がったまさに神業の芸術。

↑この靴の作品は個人的に購入したいくらい好きです、ちゃんとケースに入れてリビングに飾りたい。。

作者は『Dalton Ghetti y』さん、6歳のころからカミソリなどを使って作品を作っているそうです。作品のテーマは【Small is beautiful】ささいなことに人の注意をひくというモノです。

彼のFaceBookのページがありました、もっとたくさんの作品が展示してあります。是非ご覧になってみて下さい。

≫http://www.facebook.com/media/set/?set=a.428495317775.229129.41390507775&type=1

※この記事は2012年9月14日に投稿されたストックになります、リンク先が期限切れになっている場合もあります、予めご了承ください。

questionnaire
  • あなたの職場は何時まで働くことが多いですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • add link
    category

    Copyright (C) 2008-2018 mono-stock.com. All Rights Reserved.