デザイン・マジック

カテゴリー:デザイナー的生活記事|更新日時:2009年3月14日|RSS購読: RSS 2.0

私がこのサイトを始めて、デザインをされている方、これからデザインというものを学ぶ方達にいったい何を提供できるのかをずっと考え続けていました。すると今日某番組で『ウォルト・ディズニーの魔法』について語られて『これだ!』という事に気がつきました。

名付けて【デザイン・マジック】みなさんもご存じのようにウォルト・ディズニー氏はあのディズニーランドを築き上げた人、彼が見つめ続けた『人がまた来たい』と思わせる世界をどのように創っていったのか、このテーマを見て私は世の中に転がり続ける【デザイン・創作物】というものも実は同じなんじゃないかと気づいた。

ディズニーの秘密

雪山のアトラクションを一つ築き上げるにも、細部にこだわったディテールと、誰にも気づかれないような仕掛けが施されている。またそれを創り上げていく人間達をウォルト・ディズニーは『イマジニスト』と呼び、常に彼らに楽しみながら学ぶという原点を与えた。

バックヤードもショーになる、パーク内のレストランやアトラクションのバックヤードで働く人間達ですらも、ショーの一員へと変わる、これは目立たないところでMacに向かっているデザイナーの姿達ですらショーになると私は思った。

『イマジニスト』は世の中に働くデザイナーの姿・デザインという物を学び世の中に出ていく人間そのものだと、楽しみながら学ぶというものを原点に常に楽しさを追求してくイマジニスト、そしてそのイマジニストのモチベーションを常に保ちながらテーマパークを完成させた彼、ウォルト・ディズニーが存在したからこそ長年にわたる誰にも負けないテーマパークが誕生したのだと。

これは、これから担当する私の授業でも、学生達『イマジニスト』に伝えてあげたい事だと思った、そして何より私がウォルト・ディズニーのように夢を与え続けられる人間でありたいと思った。

※この記事は2009年3月14日に投稿されたストックになります、リンク先が期限切れになっている場合もあります、予めご了承ください。

questionnaire
  • あなたの職場は何時まで働くことが多いですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • add link
    category

    Copyright (C) 2008-2018 mono-stock.com. All Rights Reserved.